PageRank Checker

製品検索

EBNについて

会社沿革

賀毅科技は2003年に創立し、董事会は広達グループ(2382)及び光鼎電子 (6226)を主要メンバーとして構成し、研究開発製造メンバーはIPC及びノートパソコンEMSチームの経歴者であり、営業は台湾、アメリカ、ヨーロッパそして日本の営業専門者が担当しています。EBNの経営幹部は以前広達グループのシニアーマネージャー、そてはCEO、COO、CFO、CTO及びCMOの専門履歴を持ち方々から構成しています。

オラクル(Oracle)は2014年に53億ドル投資してMicrosを合弁し、端末販売設備がビッグデーターのデーターベースが必要とするエンドポイント販売設備におけるビジネス価値は更に顕著になりました。そして、「ポストPOS」時代の到来を促しました。その後、POS設備は各垂直市長において、多元化且つモバイル化に発展し、その勢いはもう止まりません。2006年からすでに未来学者のジョン・ネイスビッツは11つの定見を発表しており、現在最大のクラウドコンピューティング設備のサプライヤーである広達グループ董事長・林百里もビックデーターのビジネス機会を予知しました。翌年に賀毅科技を投資し、当時の広達グループのクラウド事業部総経理に賀毅の経営を任命し、バックステープである「クラウド」とフロントステージである「端」を整合するよう任務を与えました。後、双方は製品の研究開発、製造及びビジネス活動において継続的に総合効果を確率し、賀毅の国際市場の開拓は当動向に伴い、展開しました。

当協力形態は2012年まで発展し、快速にターニングポイントである年に切り入りました。賀毅科技は従来のIPC製品発展形態を大幅に脱離し、ビジネス主導のEBN(Enterprise Business Network) Wayプラットフォームを構築しました。高速フーリエ変換より、インテルCP及びチップセットを採用し、エンドポイント・コンピューティング設備の差異化設計を実現しました。更には広達グル―プのクラウドコンピューティング設備のバックステージプランも統合し、動態的且つ多元的なビジネスオペレーションのニーズを満足する以外、従来のビジネス操作にモデルー「ポスト互換」の一貫性の満足することができました。また、2013年及び2015年に「星雲POS(NEBU_POS)及び「龍の朝代」POS(Dragon Dynasty POS)の二大エンドポイント設備のシリーズ製品を発表し、「ポストPOS時代」におけるエンドポイント製品発展の先駆者となりました。賀毅科技は2015年の1月~3月に「龍の朝代」をハードウェアデバイスとし、中華料理レストラン/ホテルの管理ソフトウェアを整合し、CPOH (Chinese Point of Hospitality)計画を促進し、世界中の中華料理レストランの為に各時代風のPOS解決方案を提供します。また、同年の10月~12月に、NEBUPOSに続き、「モバイルドラゴン(Mobile Dragon)」設備を発表し、モバイル・エンドポイント・コンピューティングのビジネスモデルの発展における核心的な障害を打破します。

EBN AD2017年に正式に設立された工業用のもの(IIoT)事業グループ、産業の事、相互に作用し、他のマシン、オブジェクト、環境、インフラと通信できるマシン。処理および分析の後、管理及び制御、リアルタイムの意思決定のために非常に有意義提供することができる通信情報の大量の結果。

マーケティング・ポジショニング

賀毅の産業ポジショニングはその名、EBN (Enterprise Business Navigator)の通りです。ビジネス主導が賀毅科技の製品発展形態です(EBN Way)。特定の垂直商業ビジネスモデルを応用面の基本ニーズとし、可能な動態変化より、全体の「製品規格」を定義します。当定義を基準に、更に細かく各「工程規格」の詳細を導きだします。そして、各項の設計、検証及び品質管理規制を定め、大量生産の試験プロセス、ハードウェア及びソフトウェアの取付フロー、修理パッケージと検査標準作業フローを確立します。

当アップストリームが賀毅科技(EBN Way)の製品発展モデルです。それは、サプライチェーンの任一環におkるEBN顧客が直接或は間接的の投資効果と利益を強化できるよう期されています。資本市場のKPIにおいて、実質のROIを高めることより、EBNは「成功なビジネスモデルのパイロット」を市場の位置付けとします。

  1. システム・インターグレード業者:EBN Way (EBN Way)の製品構築指数、コンピューティング速度、IOポート、タッチパネル等の人的インターフェース操作規格、環境互換性規、そのビジネス運営モデルは全て関連しており、パイロットの最大受益者となっております。
  2. システム・オペレーション業者及び設備メンテナンス業者:EBNエンドポイントコンピューティング設備の高度なシステム安定性及び簡易なメンテナンス特長は設備運行時の全体コストを大幅に削減し、EBN Wayが主導の営業効率と利益を高めます。
  3. サプライチェーンのエンドポイントである企業型顧客:EBN Way (EBN Way)で発展されるエンドポイントコンピューティング設備はその他ビジネス発展における間接的なツールであり、ビジネス運営効率を高めることもできます。全体的なビジネス運営コストを管理し、多元なビッグ・データーの応用など各方面においてEBNにビジネス事業を展開する時の有力な交渉材料を提供致します。

製品紹介

POSターミナル (POS Terminal)

  • Dynasty series
    • Baytrail (intelR CPU)
    • Brasswell (intelR CPU)
    • Broadwell (intelR CPU)
  • XPOS 7 series
  • XPOS 8 series
  • Private label series

POSモニター(POS Monitor)

  • Dynasty series
    • 15" 4:3
    • 15.6" 16:9
    • 12.1" , 9.7”Retina 9.7” 4:3
    • 10.1" 16:9
  • Private label series

POS周辺機器(POS Peripheral)

  • Second display
  • VFD / VFD-3D
  • MSR / MSR Combo
  • Powered USB hub
  • Scanner
  • Dynasty keyboard
  • Private label series

POX

  • Dynasty PPC
    • 15"
    • 15.6"
    • 12.1" , 9.7”Retina 9.7” 4:3
    • 10.1" 16:9
  • Dynasty series  Dynasty シリーズ
    • Baytrail (intelR CPU)
    • Brasswell (intelR CPU)
    • Broadwell (intelR CPU)

パネルPC Panel PC

  • Dynasty panel後付 (rear mount PPC)
  • XPPC 7 シリーズ
  • XPPC 8 シリーズ
  • Private label シリーズ

ファンレスBOX型PC (Fanless BOX PC)

  • Boxster 1
  • Boxster 3
  • Boxster 5
  • XSPC
  • XMPC
  • XPOS
  • Private label series
  • BPC10-00
  • BPC11-00
  • BPC30-00
  • BPC40-00
  • BPC90-00
  • BPC91-00

堅牢タブレットPC (Rugged Tablet)

  • XTPC 770
  • XTPC 790
  • Private label series

研究開発及び生産サービス

ODM(Original Design Manufacturer,ODM)

EBN専業研究開発製造チームは世界で最優秀のコンピューター設備製造会社の優勢をもとに、ブランドメーカーへ専属の高品質なODM生産サービスを提供致します。当サービスの特長は特定ビジネスモデルを用いて、短期、長期そしてその間の動態変化を三つの主要指数とし、設計(ID)、電子(EE)、ソフトウェア(SW)、機構(ME)を形成します。これより、信頼ある全方面的なEBN Way の製品規格を確定し、垂直応用シミュレーションより革新的な工程規格を発展します。Sれは設計、大量生産、取付、運営及びメンテナンスフローにおいて品質と信頼性を検証する方法及び管理規制となります。

クライアントはODM生産モデルでの製品設計及び生産に対する把握度が非常に限られており、一般のコンピューティング設備がエンドポイントで品質異常問題に遭遇した時、一番困る情況がNTF(No Trouble Found)であり、即ち、生産側が品質異常現象をコピーできない情況です。EBN WayのODM生産サービス形態はこれより生じました。今までのODMサービスは製品標準設計検証フローでアプリケーションの互換性問題が発生した時の解決策しか提供できませんでしが、当生産モデルは簡易にその制限を打破し、生産側が現場試験後の問題のフィードバック難易度を大幅に低減しました。EBNはクライアントの為に更に高い顧客満足度(Customer Satisfaction)を創り、その顧客の忠実度(Business Security)も確保します。

製品のライフサイクル管理(Product Life Management,PLM)

EBN Wayの製品発展モデルから更にに発展された垂直応用エンドポイント・コンピューティング設備はハードウェアプラットフォームにおいて、OEM生産顧客に対し、PaaS効果と利益があります。顧客はこれより世界最優秀製品を取得し、自社のサービスブランドをプロモーションすることができます。製品の研究開発及び生産のソフトウェア/ハードウェア制度に大量投資しなくても、大量生産構成より得る安定した品質及び経済規模の効果と利益を賀毅科技と共有できます。

然し、同じ機種でも複数のOEM生産顧客が同じ地区でマーケティングを行うと、市場干渉が発生する可能性があります。EBN Wayはこの現象に対応すべく、高効率のOEM生産顧客のフィルター制度を定めました。まずは、OEM生産顧客は地域型のブランドに限定し、国際型のブランド顧客は対象外としています。次に、OEM生産顧客は市場に実質サービスを提供する付加価値型顧客に限り、単純なるハードウェア貿易形態の顧客は対象外としています。三つ目にOEM生産顧客に対し、有効的に市場干渉を管理する為、定期的に販売対象を報告するよう要求しています。最後に、OEM生産機種は任一地区の代理販売形態で販売されません。

グローバル・エンジニアリング・ラボ/Global Engineering LabGEL

EBN Wayのシステム・エンジニアリング部門にはグローバル・エンジニアリング・ラボ(GEL)が設置されており、グローバル技術支援を提供し、現地での故障排除、不良品修理サービスを提供しております。まずは教育訓練を受けたOEM顧客及び付加価値型の代理店が成熟な製品技術より問題を記録し、発生原因を解析して、故障を排除する能力を確立します。一番重要なのは正確な原因解析報告を提出する能力であり、賀毅科技はGEL標準に基づき、ラボの構築に協力し、賀毅科技の認証を経て、定期監査制度を定めます。

GELの設置は顧客とパートナーの関係を確立する以外、最も重要なのは顧客とその顧客間においてパートナー関係を築き上げ、共に問題に立ち向い、問題を解決します。このような制度より、問題を賀毅科技の研究開発部にフィードバックし、良いフィードバックシステムを通じてアップストリームも起動するのがEBN Way製品の発展モデルです。

システム設計検証及び品質保証 (SDA & QA)

品質は製品の研究開発及び設計検証制度が保証

電子統一研究開発の品質保証は広達グループのサプライチェーンが管理し、それは複雑で試験を重ねた電路設計(Schematics)、8層以上のプリント基板((PCB Stack-up)、発熱コンポーネント(CPU, Core Logics,  Graphics, Memory, and POWER MOSFET)を均等に配置し、電解電容(EC)の使用禁止、単一化の電路板組立(PCBA)表面実装(SMD)製造過程などを含みます。

メカニズムシステムの研究開発の品質保証はフールプルーフ設計より保証されています。モジュール鋼材の選択、最小応力、応力の成型条件及びモジュールからの脱離方法と低抗力の熱伝モジュールを共同条件の最適化等の技術より達成します。

賀毅科技の製品のシステム設計検証方法はEBN Wayの重要な一環です。各垂直市場における製品のエンドポイント・コンピューティング設備を応用情況おし、被試験物の温度・湿度環境と電源供給簡環境、周辺操作システム関連の周辺機器の互換性、試験方法、試験条件及び適切な動態応力等を定義し、定額値の空間を予め残し、品質に対する応用情況の期待を確保します。品質管理方面においてはISO9000、ISO14000認証を確実に執行すr外、自動高額検視(AOI)生産ライン試験を導入し、現場の生産管理及び良率追跡系統は機能性のある品質管理を行う以外、更に厳しい、そして更に応用主導の人体工学(Nice-To-Have)も兼ねて品質管理を行います。エンドポイント機器の使用者以外にも、設備集成業者、設備取付メンテナンス業者が恵まれ、設計検証を経て提供するEBNの品質保証に恵まれます。

ビジョン

賀毅科技はクラウド・コンピューティング設備の研究開発及び製造に努め、高い利潤構成に着眼するのみならず、現地化サービスの垂直市場の開拓も非常に重要であると信じております。また、基礎演産法より、更に豊富で多元的な製品を研究開発し、今までにない垂直市場の応用を提供し、顧客経営に努め、市場の占有率を高め、投資者に最大利益を提供致します。